スポンサーサイト

  • 2013.07.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


食欲って、コントロールしにくいものなんだと思います。

 肌の毛穴などや乾燥が気になる人はなるものですよね。

それで、なにかいい化粧品、美容液とかないかな〜って探したり、友達に聞いたりっていうことを、だいたいの人はしているんではないでしょうか。

ほとんどの人は、こういうことをしているとか、こういうのを使えばいいんじゃないのって教えるか、分からないみたいな答えかもしれません。

まれに、早寝早起きとか食生活のことを言う人もいるかもしれませんね。

私たちの身体を作っているのは、食事であり、どういう日常生活を送るかですよね。

食事っていうのは、頭では管理できるとは思っていても、甘いものが、すごく欲しくなったり、あんまりよくないと分かっていつつもバカ食いをしてしまったりなど、コントロールしにくいものなのかもしれないって思います。

そうじゃないと、ダイエットの関連商品などが、それこそ星の数ほどあるというような状態にはなりにくいんではないでしょうか。

食欲や食事のことは、コントロールしにくいものだからこそ、太るって分かっているけれど、食べ過ぎてしまったりするっていうことになるのでしょう。

となると、決心しきって我慢しまくるか、ある程度折り合いをつけて、控えめにするとかですよね。

ただ、我慢も、あんまりよくないっていうこともいわれ
JUGEMテーマ:健康
ます。

食生活に、ある程度は気をつけて、さらに、化粧品でお気に入りのとか対策になるものも使っておくっていうのでよさそうかなって思う人もいるんではないでしょうか。

金箔入りのジェルっていうのがあるんですが、この金箔って、美容分野でも活躍しているようです。

言われてみれば、金って、もしかしたら身体にいい影響があるのかもって思える部分もあるんではないでしょうか。

なにかいい成分でもあるんでしょうね。

まずは自分の手でクセづけを瞼にしてみて

 二重の目は、女性が憧れる場合が多いわけですが、どれくらいの人が、実際、化粧品とかマッサージなどをして二重になろうとしているものなんでしょうか。

二重になろうとするには、どうやら、マッサージで気長に自分の瞼にクセをつけていくのが、一つの方法として考えられるようです。

一重の目なんだけれど、瞼にクセをつけて二重にするということですね。

そのクセが定着すればいいですが、どうなんでしょうか、クセがとれてきたら、またマッサージをしていき常に二重のクセづけを意識しないといけないのかもしれませんね。

そうしたクセづけが面倒な人は、整形手術を検討してみるようになるのかもしれません。

でも、手術すると、元に戻したくなったときに、たいへんそうです。

もしかしたら、二重にしたけれど、どうも想像していたのと違っ
JUGEMテーマ:コスメ
た感じがするので、元に戻す手術というのをするケースというのもあるのかもしれません。

そこで、まずは化粧品とか、自分の手でのマッサージをしてみて、二重になったときの自分の顔を確認してみるのがいいんじゃないでしょうか。

さらに、友達とか知り合いに、「なんか朝起きたら二重になってた」みたいなことを言って、どういう反応をしてくれるか試してみるなんていうこともいい方法かもしれませんね。

男性の目が二重になるには?
というところでは、そうしたお試ししてみる商品を紹介しています。

マッサージよりは、まだ二重にしやすいという可能性があるんじゃないでしょうか。

人間の顔の中で、目は、かなり他人から見た印象を変える部分かと思います。

めがねをした顔と裸眼だと、かなり違ってみえますよね。

気にしないのが一番いいのだろうけれど、難しいものかもしれない。

 
JUGEMテーマ:ファッション

散髪に行って、適当な感じで、これぐらいに切ってくださいと伝えて、あとはおまかせにしていると、意外と短く切られてしまって、ああ〜もうちょっと長めに切ってほしかったなんてことがあったりします。

まあ、こちらの伝え方に足りない部分があるのはあるんでしょう。

適当な感じではなくて、だいたい10センチぐらいきってくださいとか言えばいいのかもしれません。

髪の毛を長めにしている男で、あんまりにも長くなりすぎたから、ちょっと切っておこうと床屋に行き、予想外に短く切られてしまった場合、なんか外を歩くのに心もとない感じがするなんていうこともあるかもしれません。

実際は、だれもそんなに自分のことを意識しているわけではないので、長かろうが短かろうが、一向にかまわないとは思うんですが、それでも、やっぱり他人の目とか好きな人がいれば、その人から自分の容姿が、どう見られるのかっていうことに大きな関心がありますよね。

そうなると、男性用かつらをオーダーして、これぐらいあったほうがよかった髪の毛の長さにしたいっていう欲望がでてきたりするのではないでしょうか。

今は、うぃっぐというやつがありますよね。

たしか、部分かつら以外にも全部すっぽりと頭が収まるようなのがあったはずです。

テレビとかで、そういうウィッグをつけている人を見ることがありますが、つけているって言われないとわからないっていう場合もあります。

それは、本物の髪の毛の場合でも、技術が発達して、ツルツルサラサラにしているので、かつらの人工的な感じと見分けがつかなくなっているからなのかなと思ったりすることもあります。

まあ、気にしないっていうのが一番かもしれないです。

ストレスと不妊って関係あるのかな

JUGEMテーマ:健康
 
人間暇になってきて、あんまりお金がないな〜となると、だんだんと働きたくなってくるものかもしれません。大学生なんかそうじゃないでしょうか。遊ぶお金がほしいので、アルバイトを始めるっていう動機が多いでしょうね。

そうして社会人としての一歩を進むのかもしれません。

社会の役に立ちたいからとか、なにか自分にできることはないかとか、そういう大それた目標で仕事をはじめるよりも、遊びたいから働くっていうほうが、もしかしたら健全な心のバランスをとれるものなのかも。

不妊治療をしているような女性でも、暇になってくると、お金も必要だし、そろそろ働こうかなと思い始めるものなのかもしれませんね。

働きながら不妊治療をしている方もいらっしゃるかと思いますが、不妊には「ストレス」が関わってくることもあるようなので、できたらストレスをきつい仕事は避けたほうがいいのかもしれません。

でも、経済的に仕事をやめたり負担を減らしたりということが困難なケースでは、仕事を続けながら不妊治療をするしかないですよね。

どうしたものかとも思うのですが、現実的にいって働きながら治療をするしかないわけです。

給料が下がったりボーナスがカットされたりする社会事情だと、夫だけの収入一本が頼りの家計では、心もとないかもしれません。

ストレスの少ない仕事に切り替える、転職するというのも一つの手でしょうね。なにかスキルや資格があれば、そんなとき心強いのだと思います。

無料の子授け術なんかの情報を読んでみて、仕事をしながらでも、なんとか子供を授かるための第一歩を踏み出したいものなんではないでしょうか。

ラブレが便秘にいいらしい

乳酸菌飲料「ラブレ」に便秘改善作用 カゴメが実証
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2009062309743h1

「カゴメは23日、乳酸菌飲料「ラブレ」に、慢性的な便秘に悩む高齢者に対して排便を促す効果を確認したと発表した。」

なかなかハッキリと効果があると確認したと明言していますね。けっこうめずらしいんじゃないでしょうか。

ラブレという乳酸菌と使った飲み物、高齢者の方々が飲用しているそうです。きっと老人施設などでラブレが、たまに出たりしているのかもしれません。

高齢者は、便秘で、直接取り出したりしないとつまってしまうという人もいます。ご飯を食べないといけないわけで、たとえ流動食であっても、やはり便はできるのだろうから、高齢者にとって排便は重要です。

高齢施設では、よくセンナ茶というのがだされます。このお茶だと、たしかに排便はできるのかもしれませんが、センナ茶はどちらかというと下剤的なところがあるようです。整腸薬というよりは、下剤という面が大きいようです。なので、あんまり使いすぎると、高齢者の排便力が落ちてしまうということになると思います。

それよりは、整腸的なことをしてくれるほうが、高齢者の本来の排便力を高めてくれることが期待できるのではないでしょうか。

乳酸菌が、そんなとき役立つというわけですね。
どれも一定に効果を期待できる便秘の解消法でしょう。でも、気をつけないなって思うのは、たとえばある食品が便秘にいいからといって、食生活のバランスが崩れるほど、その食品ばっかりを大量に食べてしまうということ
便秘の解消法より

とあるとおり、ラブレがいいからといって、毎日大量に飲むのはやめておいたほうがよさそうです。テレビでダイエットにはこれがいいとなると、翌日のスーパーでその食品が売り切れたりしますが、そういった現象と似ているところがあるといえるでしょう。
JUGEMテーマ:健康



健康器具を買えばOKというわけではない

JUGEMテーマ:健康
  お金をかけずにシェイプアップできる8つのコツ
 http://www.lifehacker.jp/2009/06/090623_8.html

健康器具を使えばシェイプアップできるというわけではなく、その健康器具を使って運動をしないとシェイプアップできないわけです。

シンプルに運動しないと体の引き締めはできないわけで、健康器具さえ買えばシェイプアップ終了となってしまわないようにしたいもんですね。

「健康グッズの購入は意外に無駄遣いにつながっているもの。そこで、お金をかけずにシェイプアップできるコツのご紹介です。

この記事では、健康器具など使用せずに日常でできるトレーニングというか簡単なシェイプアップ法が紹介されています。この「日常でできる」というところが大事ですね。

こういう習慣にしたいことって、わざわざ時間をとってノルマどおりにやろうとすると、たいてい3日坊主で終わりです。そうなるよりは、なにかのついでに運動するようにすれば、長続きして、結局は効果がでてくるということになるのだと思います。

まずはできることをするって大切ですよね。変化を起こすのなら、継続できる方法でトライしていくほうが、なにかといいことがあると思います。

よし毎日腕立て100回するぞ!なんて、今まで運動らしきことをしたことがない人が、いきなりそんな激しい運動を続けようとしても、ほとんど続かないんじゃないでしょうか。それよりは、一日空いた時間やなにかのついでに腕立てを10回ぐらいしとくか…ぐらいでいいということですね。まったく運動しないよりは、ずっとましなわけです。

こういうのを習慣術といって、いかに自分がしたいこと続けたいことを習慣としていくかという術を身につけることは大切です。習慣によって、その人の将来が決まっていくといっても過言ではないと思います。

それだけ、毎日なにをしているかっていうことは、私たちの人生におおきなウェイトをしめているものです。


自己管理は苦手だ…でも、時間はなくてもお金ならある。70分ぐらいなら時間をとれる。お金でスマートな身体を手に入れる試みならやってみたいとお考えの方は、思い切ってメンズエステで専門的なメタボ対策を検討してみませんか?
東京都新宿区 元気館より

とあるとおり、運動以外にもお金があるならエステという方法もありますね。お腹を引き締めるシェイプアップと同様の効果を狙うなら。

貧血のための食事は鉄分を意識する

JUGEMテーマ:健康


  “美白”アダに? 檀れい舞台降板した“病の真相”
 ZAKZAK 2009/06/01

 「肌の色白さと血の“濃さ”は無関係だが、美容に気を使うあまり栄養分が偏っていた可能性もある。」

女優が舞台を降板するほどの症状になったそうです。症状の名前は鉄欠乏性貧血。鉄欠乏性ですから、鉄分が不足している状態ということですね。

症状としては、めまいや呼吸困難が起こっていたそうです。この症状では、舞台どころではないですよね。

この女優は、美白をすることをこころがけていたそうで、食事にも相当気を使っていたようです。おそらく、あれは食べない、これを食べるという偏食になっていたということなんでしょう。その美白によいとされている食べ物ばかりを食べていた可能性もあります。

もしかしたら、発芽玄米じゃなくて玄米を食べていたかもしれませんね。

玄米に副食をとらないと、鉄分不足になる可能性があるそうです。いくら玄米が完全食だといわれていても、ずっと玄米だけ食べていれば健康を保てるとか、健康になれるというわけではどうやらなさそうです。

貧血のためのレシピを考えるときには、ヘム鉄とか非ヘム鉄とかを意識しますが、美白とかダイエットのときは、とくに鉄分を意識しないんじゃないでしょうか。

そう考えていると、食事というのは、ある程度いろいろなものを楽しんでレシピづくりをしたりして食べるのが一番ということなんでしょうね。

医者を探すときには

JUGEMテーマ:健康


医者を、いろいろと検索できるサイトってありますよね。ああいうサイトは、けっこう便利かもしれません。だいたいが全国的に網羅されている場合が多いんですが、できたら自分の住んでいる地域専門の医者検索サイトなんかがあれば、使う人も多いんじゃないでしょうか。

医師にかかろうと思うと、まずは、近くの医院や総合病院などを探しますよね。難病になってくると、全国から評判のいい医者を探しますが、最初は、やっぱり近くの医者に見てもらおうと考えると思います。

通院するようになれば、やっぱり、近いほうがいいですから。

入院となると、遠くでも、まあいけないことはないかと思えますが、通院となると、遠い病院だと交通費だけでも多くかかるし、たぶん交通費に保険は使えないから、どうしても高くなります。これは、きっと医療費には加算されていない隠れた医療費ともいえるんじゃないでしょうか。

名医にかかりたくて遠くから月に一回でも通っている人っていると思います。まあ、それで診察が3分程度で、薬もらって帰るだけっていうパターンもあるのかもしれませんが。せっかく遠方からきても、診察時間がすぐに終わってしまうと、なんとなく悲しいものです。

今、医師不足が叫ばれています。実際、医師の数は減少傾向にあるようですが、偏りもあるようです。

女性で医師との再婚を望んでいる人もいるんじゃないでしょうか。開業医ともなれば、収入は人気があれば安定しているでしょうし、かなり稼いでいると思います。

医師が少なくなっているだけに、逆にいえば?医師の収入も安定してきているのかな。競争がなくて。そんなこともないんだろうか。

韓国では美容整形した人のミスコンテストがあるそうです。

JUGEMテーマ:趣味


【韓国芸能】ついにここまで!?『美容整形美人ミスコン』開催!!
http://navicon.jp/news/1007/

「“整形大国”韓国で、なんと、『整形モデル選抜大会』なるミスコンが開催された!文字通り、美容整形で美人に生まれ変わった男女によるミスコンである。このニュースを韓国【NAVERニュース】が動画で報じている。」

お隣韓国では美容整形をすることに対して日本ほどの抵抗感がないそうです。まわりの反応や美容整形した人に対する見方も、どうも日本とは違うようです。

そんな韓国で美容整形をした人によるミスコンテストが開催されたとのこと。う〜ん、日本では、ちょっと考えられないようなコンテストですね。

どこかの日本の美容整形の企業が自分でコンテストをやるってことはあるかもしれないけれど、それでも、美容整形していることは日本だと隠すことが多いのだろうから、ちょっと難しいかも。

韓国では、「私、美容整形で、ちょっと隆鼻術受けてきたんだけど、どう?」なんて会話がかわされたりしているんでしょうか。

日本では、芸能人が整形しているとかしてないとかで、けっこうマイナスイメージで報道されたりしてますが、韓国では、むしろ美を高めるために賞賛ムードがあったりするのかもしれませんね。

中国では、ペットの美容整形にそんなに抵抗がないみたいだし、どうも、大陸では、なにかを思い通りに強制的に変えることに、そんなに抵抗感がない思想的背景があるのかもしれません。

このミスコンで優勝かなにかした女性によると、美容整形で美しくなることで自分に自身がもてたとのこと。

まあ、それはそれでいいことですよね。

日本の美容整形業界も儲かっているんでしょうが、韓国はもっと儲かってそうです。

美女に頼りすぎな経済

JUGEMテーマ:健康


「美女経済」の氾濫は社会病理 低俗な風潮に歯止めを
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200809010212.html

「「美女経済」とは女性の美しさを利用して金儲けをすることだ。この解釈は近年凄まじい勢いを示す新興「美女経済」の共通項を言い当てている。」

美女経済なる言葉があったんですね。初めて知りました。では「新興美女経済」とは?
どうやら中国での出来事らしいです。それで、感じでバシっと表記されているんですね。たとえば、モーターショーの感想を聞くとコンパニオンがきれいだったという答えが返ってくることに危惧を感じているとのこと。

美女に頼りすぎなんだそうで、そういう発想をあるんですね。美女、きれいな人がいればとりあえず男どもがよってくるという安易な発想が美しくないってことなんでしょうか。まあ、とことん経済に利用してもコンパニオンぐらいならOKだと思いますが。

こうしたコンパニオンのなかには鼻を高くする美容整形をしている人もいるのでしょうね。

相互リンク募集中メールフォーム
links
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
ブログペット
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM