スポンサーサイト

  • 2013.07.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


吹奏楽の場合、息がくさいと、どうなのかな。

JUGEMテーマ:音楽

吹奏楽の楽器って、肺活量が、たぶん大事なんでしょう。

長いこと、息を強く吹けないといけないのではないでしょうか。

ふーっと、吹き続けることで、きれいな音が出るっていうことなのかも。

最初の初心者のころは、音が出せなくて苦労するものなんでしょう。

吹奏楽をやっている人って、楽器だけ、ひたすら吹いているのではなくて、もしかしたら体を鍛えるっていうこともやっているのかもしれませんね。

ランニングしたり、筋力トレーニングしたりなどなど。

体力をつけることで、肺活量を上げやすくなるものなんでしょうか。

息を吹く楽器ということで、もし息がくさかったりしたら、やはり、いけないですよね。

けっこう口臭には気を使っているのかもしれません。

口をつけて吹くわけですから、楽器の貸し借りっていうのは、していないのかも。

ギターなんかだと、ちょっと弾かしてみたいにできますが。

口臭バラの香り

↑こちらは、その息のくさいことなどについてなどの内容となっています。

吹く楽器だと、口臭には気をつけないといけないのかななんて思ったりしました。

ペットの病気やケガのことは考えないわけにはいかないですよね。

 ペットのことを考えるとき、ほとんどの方が考えるのが、病気やケガしたとき、どうしようかということでしょう。

対策としては、保険やら貯金やらがあるわけです。

その前に、人間と同じで、定期健診などで常に健康状態を把握しておくほうが、医療費を抑えることができるのかなって思います。

それは病気の場合ですね。

怪我の対策としては、普段から適度な運動と栄養面などを考えた食事をすることなんでしょう。

これも、人間と一緒ですね。

適度な運動をして、健康を考えた食事をして身体を丈夫にしていくことで、ケガをしにくい身体を作るということへの期待が持てるのではないでしょうか。

それでも、将来、絶対病気やケガをしないかというと、そうではないですよね。

だからこそ、ペット保険というのがあったりするわけです。

ペットのための貯金をしていて、病気もケガも、ずっとないということなら、貯金のほうがいいのかもしれませんが、それは分からないことですので、ペット保険という選択肢も考えることになります。

チワワにペット保険を
では、ペット保険のことや、補償内容についてなどを書いています。

チワワは、小型のほうになるでしょう。

犬の場合は、大型から小型まで、様々な種類がいますよね。

それぞれ、特性があり、こういう病気になりやすいという傾向があるのだと思います。

そうした知識を持っておくことで、どう予防しておけばいいのかや早期発見につながることがあるのかもしれません。

ペットの本当の心の中は分かりようがないけれど。

 犬やネコなど動物にも、人間みたいな性格っていうものがあるんでしょうね。

拗ねてみたり、機嫌がよかったり悪かったり、どこかよそよそしかったり、様々な性格を飼い主が感じることがあるのだと思います。

動物に、「あなたは、今、どういう気持ちですか?」と聞いて返事が返ってくるわけではないので、本当に、機嫌がいいのかとか、それは分からないことということになるのでしょう。

でも、長年一緒にペットとともに暮らしていると、ああ、今、こういうこと考えているんだろうなっていうことが分かってくるものなのかなって思います。

ときには遊び、ときにはケンカみたいなことをしてみたり、病気やケガをして心配したり、されたり…などなど、こうした出来事が積み重なり、だんだんとかけがえのない存在となっていくのでしょうね。

人間同士であっても、言葉の上では「機嫌がいい」と言っていても、その人の心の中では、そうでもないっていうこともあります。

本当の心の中は、その人にしか分からないことなんでしょう。

だから、ペットの場合でも、ペットの気持ちは、ペット自身にしか分からないことと言えそうです。

しかし、人間同士でも、お互い心が通じあうということがあるように、人間とペットでも、そうした心が通じていると思えることがあるんでしょうね。

http://kangosinaruniha.cher-ish.net/chiwawa/
では、チワワのペット保険についても掲載しています。

心が通じ合うような関係を築くことができたペットとは、生涯の友のような存在になるものなのかもしれないですね。

そうしたペットは、経済的な面でも大切にしたいと、現実的には考えるものなんではないでしょうか。

ドラマなどで憧れてペットを飼うっていう人もいるかも

 犬も猫も、様々な種がありますよね。犬種とか。

チワワとかシーズーとか、柴犬とか秋田犬などなど。

大型の犬から小型の犬まで、大きさも、いろいろとあります。

人気があるのは、どちらかというと小型犬でしょうか。

でも、大型犬の場合、人生のパートナーというような関係にまでなれる場合もあるみたいですね。小型犬でも、そういうケースがあるかもしれませんが。

よく、昔のアニメとかドラマで、主人公に、けなげにつくす忠犬っていうのがでてくることがあります。

そういうのを見て、憧れてペットとして犬を飼い始めたという人もいるのではないでしょうか。

猫の場合は、かわいい動画を見たり、本で写真集みたいなのを見たり、ブログで我が家の猫の写真を掲載しているのを見て、いいな〜っていうことで自分も飼ってみようというふうになったのかもしれません。

猫の場合は、忠誠心というよりは、かわいがることが中心のペットなのかなって思います。

犬や猫以外にも、ペットとして飼われている動物は、たくさんいますよね。

爬虫類というケースもあるみたいです。

そして、爬虫類でも、散歩をしている姿を、ために見るということもあるみたいです。

そういう光景って、めずらしい光景だと思うんですが、近所で、よく見かけるなら、そのうち慣れてきて、なんとも思わなくなりそうですね。

ペットは生き物ですから病気や怪我をするということがあります。

たとえば、シーズー飼っている人がペット保険をしてみようっていう人もいるんじゃないでしょうか。

せつなさって、どんな感情なんだろう

JUGEMテーマ:趣味
  なにか小説とか物語、映画などを観たとき、面白かったっていう感想以外に、せつなくなったっていう感想になることってありますよね。

せつないって、どういう感情なんでしょうか。

笑うっていうわけでもないし、悲しいとちょっと似ている感じでしょうか。

この「せつない」っていう感情は、恋愛の物語のときに、けっこう感じる気持ちなんだと思います。

失恋とか、別れざるをえないっていうときに、感じることなんでしょうね。

本当は、失いたくないんだけれど、どうしようもないっていうときに、せつなさを感じるのかもしれません。

恋愛のストーリーというとハーレクインが、けっこう有名なんじゃないでしょうか。

この物語は、だいたいハッピーエンドになっているそうで、安心してドキドキしたりできるっていう王道があるから、根強いファンがいるんだと思います。

せつなさを感じる物語もあるんじゃないでしょうか。

よく映画では、ハッピーエンドじゃないストーリーがあったりします。

そういう作品は、たぶん映画をいっぱい観ている人に評価が高かったりするものなんでしょう。

でも、やっぱりハッピーエンドはいいものですよね。

http://koko2.angry.jp/sate/?eid=31
では、ハーレクインが紙の本ではない形で販売されているサービスを掲載しています。

今後は、こういった形での販売も増えていくのでしょう。電子媒体になったとき「感動」って質が変わるものなんでしょうか。

WEBメールがいいかな

 ウイルス対策ソフトをパソコンに入れていても、やはり、手動での検査というのはしたほうがいいですよね。

たとえばフリーソフトをダウンロードしたときとか、メールの添付ファイルとか。

メールの添付ファイルは、知らない相手からの添付ファイルというのは、たいていウイルスなのでしょうから、開きもしないで、そのメールごと削除します。

私はWEBメールを使っているので、そんなに神経質にはならなくていいのかなとも思います。パソコンにインストールしたメールソフトを使用している人が、まだまだ多いみたいですね。

インストールしてあるソフトでメールをやりとりしている と、どんどんとメールを貯めてしまうと、自分のパソコンの容量を圧迫してしまうし、変なメールがきたりして、かなりセキュリティ対策に気を使うことになりそうです。

ウイルス対策ソフトでおすすめされているようなのを使用するとしても、ウイルスが入った添付ファイルが自分のパソコンの中に入ってくるというのは、あんまりいい気分はしないですね。

セキュリティ対策の一環としてWEBメールを使うという選択肢もありなのかな〜って思います。

私の使っているブラウザでは、なにかファイルをダウンロードするときに、一応スキャンもしてウイルス感染していないか調べてくれているようです。

それでも、ダウンロードした後に、そのファイルを手動で検査しておきます。

圧縮されたファイルの場合、圧縮を解凍した後に起動するウイルスだと、やっぱり圧縮された状態では検査しても発見できないものなんでしょうか。

そうなると、ちょっと不安ですね。仮に解凍してみるなんていうことができるんでしょうか。

ペットと一緒に住むとき

 家の購入を考えるとき、ペットと一緒に住みたいっていう方は、ペットのことを考えた家造りもしたいものですよね。

ペットのために、玄関のドアの下のところにペットの身体が通るぐらいの穴を開けていたりっていうのを、テレビとかでみたことがありますが、ああいったペット用の工夫を家作りに取り入れると、楽しい生活になるんじゃないでしょうか。
家の中で犬とか猫を飼う場合は、なにかと気をつけることが増えそうです。犬だと毛が、たくさん散らばる場合は散らばるので、掃除をマメにしないといけないだろうし、猫だと、あちこちを爪で引っ掻くだろうから、そこらへんの損傷は覚悟しておいたほうがいいですよね。

猫の引っ掻きには、それ専用のグッズがあるようなので、そこでするようにしつけるといいかもしれません。あとは、トイレの習慣をつけてもらうことでしょう。

ペットを家の中で飼っていると、ペットの毛にアレルギーがある人を家のなかに入れづらいということもありますよね。
猫アレルギーなんかを持っている人って、やっぱり一瞬でも猫の毛や猫に触れると、かゆくなったりするんでしょうか。それとも、しばらく猫と一緒にいるだけで猫のアレルギーになってしまうのかもしれませんね。

家の中は、ふつう人間が暮らすことを前提にして作ってありますから、ペットを家の中で飼うときは、ペットと暮らすことを想定して、たくさんの準備をしておいたほうが、後々困らないかもしれませんね。

そこらへんは、ペットショップの人に聞いてみたり、家の中で犬とか猫を飼っている友達や知り合いに、どういう工夫をしているかっていうことを聞いてみてアドバイスをもらったりするといいですよね。

犬や猫だと、爪がありますから、フローリングだと、どうしても傷つくし畳だと、さらにたいへんそうです。床は、ペットが、特に生活する場となっているところには、傷ついてもいいような敷物なんかを用意しておいて、交換で時々洗うようにしておくと毛の処理も自動的にできていいんじゃないでしょうか。

いずれにしろ、家作りで後悔しないように、研究しておきたいものです。
JUGEMテーマ:趣味

論理的に考えられるようになるにはパズルが役立つかな

JUGEMテーマ:趣味
 
パズルというと、単語を並べたり、数字を入れていったりっていうクロスワード的なものもあれば、ジグソーパズルなどのピースを組み合わせて遊ぶものもあります。

さらに、思考のパズルを組み合わせて答えを導き出すっていうパズルもあるようです。いわゆるなぞなぞの発展系といったらいいでしょうか。

推理小説なんかは、こういったパズル的なストーリーの組み方をしているんでしょうね。

ふつうパズルというと、形を組み合わせたり、言葉の組み合わせるっていうものなんですが、なぞなぞのランクの高いものは、計算とか想像力が試されるパズルではないでしょうか。

こういうパズルは、おそらく学生のころから数学が得意だった理系の人が、解くのがうまいんじゃないかと思います。計算もお手の物だろうし、また、こうした論理的に問題の答えをだすということに、快感を覚えるんではないでしょうか。
私は、よく海外ドラマを見てます。最近、数学の先生が、事件の解決に協力するっていう海外ドラマがあって、それが、けっこう面白いです。

あっと驚くようなこともあって、ヘェ〜っていう感じで関心してしまいます。

世の中には、そういうこともあるんだっていう驚きを味わわせてくれるっていうか。そういう面白さがあります。主人公の数学の先生の兄が、やたらとモテる設定なのが、うらやましいな〜なんて思ったりしますが。

パズルをする人のなかには「論理的」に考えられるようになりたいっていう人がいるでしょう。スターとれっくの、え〜っと誰でしたっけ?スポックか。あの人みたいな頭の中身になりたいっていう人もいるんじゃないでしょうか。

すごく役立つ人材になりそうですね。

そうした人が、クロスワード作成で副収入を得ることができると、またやりがいがあるんではないでしょうか。

インドでも占いが盛ん



インドでも占いのインターネットサービスというものが盛んなようです。もともと、インド自体が占い師とかがたくさんいそうな風土ですよね。

イメージとしては、コブラをあやつる蛇使いとか、クネクネしたダンスを踊っていたり、路上に占い師がたくさんいたり未来を予測する人がいたりと、なんだか混沌としていそうなイメージがあります。

インドでの社会状況の不安定さがましてしまって、どうやらその影響かどうかわかりませんが、占星術や手相の占いなどが、盛り上がっているようです。

社会が不安になって、先行き不安になると、なにかに頼りたくなるもので、占いもそのひとつですよね。

日本でも大物の政治家とか企業化などが有名占い師に占ってもらって、今後の方針の参考にするとかしないとかっていうことを聞いたことがあります。

占いの需要は、流行廃りはあっても、なくなることはないでしょう。ですので、占い好きが高じて占い師になりたいっていう人がいつの時代にもいるものだと思います。

インドでは、占い師は、どうやってなるんでしょうね。

きっと世襲制かなにかのような気がします。占いには技術的なことや霊的なところ、そして統計的なところがあるんじゃないかと思います。

統計でいえば、占い師一家には、その一家秘伝の占いの蓄積データベースみたいものがあって、代々受け継がれているかもしれませんね。

それにしてもインドではインターネットが、どうやら盛んなようです。もしかしたらインターネットだからインドだけの需要じゃなくて、世界中でインドのインターネットのサイトが閲覧されているのかもしれませんが。

宮沢りえの結婚観って、のんびり派?

JUGEMテーマ:恋愛/結婚


宮沢りえ、「結婚あきらめてません!」 きものショーに出演
>「(結婚を)あきらめてはいませんよね?」との質問には「あきらめてないですよ!」と笑顔で言い放つ一幕もあった。

このきものショー、宮沢りえは毎年出演しているみたい。毎年、白無垢(むく)姿はいつごろ…?と聞かれるみたい。宮沢りえは35歳になっているそう。女優をやってるぐらいだから、美しさはずっと変らない。普段から、美容と健康に気をつけているのだろう。

ちらほらと結婚のうわさが流れているようだが、本人は否定している。お付き合いしている男性はいるのだろうが、結婚とまでは、なかなか踏み切れないのかもしれない。仕事が忙しいのかも。

35歳女性といえば、アラフォー世代といわれる世代。バブルやキャリアウーマンなど女性の価値観が多様化していった時代。そんな時代をたくましく生き抜いてきた女性は、結婚していないことも多いみたい。

宮沢りえは、けっこう天然らしい。バライティ番組などで、その点、重宝されているのかも。イメージとしては、天然でおっとりしていて、のんびりマイペースな印象を受ける。実際のところは、けっこう悩んでいるのかもしれない。

医師との再婚のうわさとかないのかな?

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008083002000071.html

相互リンク募集中メールフォーム
links
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ブログペット
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM