スポンサーサイト

  • 2013.07.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


免許を大学生で取る人が多いみたい

 初めて知ったのですが、二輪のなかで、免許を取得できる年齢に地域差があるのがあるんですね。

地方分権というやつなんでしょうか。

高校生ぐらいになると、なかにはスクーターにでも乗ってみたいと考える人がでてくるものだと思います。

電車やバスなどが普及していないようなところだと、自転車が主な交通手段になるんだと思うんですが、あんまりにも遠いときは、スクーターに乗って通学することがOKなとこもあるんでしょうか。

でも、学校側としては、スクーターでの通学は、あまりしてほしくないのかもしれません。

免許取立てで、さらにむちゃをするのもいるだろうから、なにか起こしてほしくないという考えがあるのでしょうね。

自転車であれば、スクーターほどスピードがでるわけではないのでOKなんでしょう。

私は普通自動車免許は自動車学校で大学生のころ取得しました。

自動車学校のパンフレットを見ると、だいたい大学生ぐらいの想定したようなパンフレットが多いですね。

なので、免許を取得する人のなかでは、ほとんどの人が大学生となっているのかもしれません。

自動車学校としては、大学の近くに立地することで、けっこういい宣伝になりそうです。

なんで大学生のうちに免許を取得する人が多いのかっていうと、仕事をするようになると、時間がとれないとか、就職活動をするときに免許をもっているほうが就職先の候補が増えるとか、そういうことなんじゃないでしょうか。

運転免許を合宿で遊びも含めてとりにいくという人もいるのでしょ
JUGEMテーマ:ビジネス
うね。大学生なら。夏休みとか、まとまった時間をつくれるからなんでしょう。

早くから英語を学ぶこととか

 英才教育などで、いろいろなサービスがあります。

それらのサービスは家庭での使用を前提にされていることが多いですよね。

なかには、幼稚園とか保育園に、うちの教材を採用してほしいという営業をしている会社があるものなのかもしれません。

それとも、公立だと、そういう教育方針、教材は、上から一律に決められているものなんでしょうか。

幼稚園とか保育園だと、小学校や中学校に比べて、なにを学んでもらうかっていうことの自由度が高いような印象があります。

なかには、幼児教育の英語の教材を使って、英会話の勉強を、ちょっとしてみたりっていうところがあるのかもしれません。
JUGEMテーマ:家庭

テレビで紹介されていたところなどは、子供が、大人でもできないような運動をしたり、進んだ勉強をしたりしていました。ああいうのは、エリート教育っていうのかもしれません。

アメリカなんかだと、どんどんと飛び級っていうやつをするようになる子供たちが育つんじゃないでしょうか。いわゆるゆとり教育とは正反対の教育なのかもしれませんね。

小学校にあがる前の子供に英語を学ばせるということには、いろいろな意見があるようです。

まずは、日本語を、ちゃんと学んでから、それから第二外国語をやるようにすればいいなどのことですね。

その国の言語も文化ですから、守っていきたいもののひとつかと思います。

母国語を、ちゃんと学んでから、英語なりなんなりの言語を習得するということでも、遅くはないのかなとも思います。

ペットと一緒に住むとき

 家の購入を考えるとき、ペットと一緒に住みたいっていう方は、ペットのことを考えた家造りもしたいものですよね。

ペットのために、玄関のドアの下のところにペットの身体が通るぐらいの穴を開けていたりっていうのを、テレビとかでみたことがありますが、ああいったペット用の工夫を家作りに取り入れると、楽しい生活になるんじゃないでしょうか。
家の中で犬とか猫を飼う場合は、なにかと気をつけることが増えそうです。犬だと毛が、たくさん散らばる場合は散らばるので、掃除をマメにしないといけないだろうし、猫だと、あちこちを爪で引っ掻くだろうから、そこらへんの損傷は覚悟しておいたほうがいいですよね。

猫の引っ掻きには、それ専用のグッズがあるようなので、そこでするようにしつけるといいかもしれません。あとは、トイレの習慣をつけてもらうことでしょう。

ペットを家の中で飼っていると、ペットの毛にアレルギーがある人を家のなかに入れづらいということもありますよね。
猫アレルギーなんかを持っている人って、やっぱり一瞬でも猫の毛や猫に触れると、かゆくなったりするんでしょうか。それとも、しばらく猫と一緒にいるだけで猫のアレルギーになってしまうのかもしれませんね。

家の中は、ふつう人間が暮らすことを前提にして作ってありますから、ペットを家の中で飼うときは、ペットと暮らすことを想定して、たくさんの準備をしておいたほうが、後々困らないかもしれませんね。

そこらへんは、ペットショップの人に聞いてみたり、家の中で犬とか猫を飼っている友達や知り合いに、どういう工夫をしているかっていうことを聞いてみてアドバイスをもらったりするといいですよね。

犬や猫だと、爪がありますから、フローリングだと、どうしても傷つくし畳だと、さらにたいへんそうです。床は、ペットが、特に生活する場となっているところには、傷ついてもいいような敷物なんかを用意しておいて、交換で時々洗うようにしておくと毛の処理も自動的にできていいんじゃないでしょうか。

いずれにしろ、家作りで後悔しないように、研究しておきたいものです。
JUGEMテーマ:趣味

論理的に考えられるようになるにはパズルが役立つかな

JUGEMテーマ:趣味
 
パズルというと、単語を並べたり、数字を入れていったりっていうクロスワード的なものもあれば、ジグソーパズルなどのピースを組み合わせて遊ぶものもあります。

さらに、思考のパズルを組み合わせて答えを導き出すっていうパズルもあるようです。いわゆるなぞなぞの発展系といったらいいでしょうか。

推理小説なんかは、こういったパズル的なストーリーの組み方をしているんでしょうね。

ふつうパズルというと、形を組み合わせたり、言葉の組み合わせるっていうものなんですが、なぞなぞのランクの高いものは、計算とか想像力が試されるパズルではないでしょうか。

こういうパズルは、おそらく学生のころから数学が得意だった理系の人が、解くのがうまいんじゃないかと思います。計算もお手の物だろうし、また、こうした論理的に問題の答えをだすということに、快感を覚えるんではないでしょうか。
私は、よく海外ドラマを見てます。最近、数学の先生が、事件の解決に協力するっていう海外ドラマがあって、それが、けっこう面白いです。

あっと驚くようなこともあって、ヘェ〜っていう感じで関心してしまいます。

世の中には、そういうこともあるんだっていう驚きを味わわせてくれるっていうか。そういう面白さがあります。主人公の数学の先生の兄が、やたらとモテる設定なのが、うらやましいな〜なんて思ったりしますが。

パズルをする人のなかには「論理的」に考えられるようになりたいっていう人がいるでしょう。スターとれっくの、え〜っと誰でしたっけ?スポックか。あの人みたいな頭の中身になりたいっていう人もいるんじゃないでしょうか。

すごく役立つ人材になりそうですね。

そうした人が、クロスワード作成で副収入を得ることができると、またやりがいがあるんではないでしょうか。

ストレスと不妊って関係あるのかな

JUGEMテーマ:健康
 
人間暇になってきて、あんまりお金がないな〜となると、だんだんと働きたくなってくるものかもしれません。大学生なんかそうじゃないでしょうか。遊ぶお金がほしいので、アルバイトを始めるっていう動機が多いでしょうね。

そうして社会人としての一歩を進むのかもしれません。

社会の役に立ちたいからとか、なにか自分にできることはないかとか、そういう大それた目標で仕事をはじめるよりも、遊びたいから働くっていうほうが、もしかしたら健全な心のバランスをとれるものなのかも。

不妊治療をしているような女性でも、暇になってくると、お金も必要だし、そろそろ働こうかなと思い始めるものなのかもしれませんね。

働きながら不妊治療をしている方もいらっしゃるかと思いますが、不妊には「ストレス」が関わってくることもあるようなので、できたらストレスをきつい仕事は避けたほうがいいのかもしれません。

でも、経済的に仕事をやめたり負担を減らしたりということが困難なケースでは、仕事を続けながら不妊治療をするしかないですよね。

どうしたものかとも思うのですが、現実的にいって働きながら治療をするしかないわけです。

給料が下がったりボーナスがカットされたりする社会事情だと、夫だけの収入一本が頼りの家計では、心もとないかもしれません。

ストレスの少ない仕事に切り替える、転職するというのも一つの手でしょうね。なにかスキルや資格があれば、そんなとき心強いのだと思います。

無料の子授け術なんかの情報を読んでみて、仕事をしながらでも、なんとか子供を授かるための第一歩を踏み出したいものなんではないでしょうか。

まずはオークションから

 ネットショップをやろうと思うと、いろいろと手続きがありますよね。開業届けとか、口座の開設、商品の仕入れなどなど。

なかなか煩雑な手続きが必要となるようで、ちょっと趣味でやってみますというだけでは、できないのかもしれません。

でも、最初の動機は「○○が好きだから」ということで趣味の延長でネットショップをやり始めた方が多いのではないでしょうか。

動機はそれで全然OKですよね。

そうした動機で成功されている方もいらっしゃるわけですから。自分の好きな趣味のものを多くのお客様に販売して稼ぐことができるのは幸せなことだと思います。

サラリーマンやOLの副業として、ネットショップをやってみたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。趣味で作っているものがあったり、オークションで出品できるような使っていないものがたくさんあったり…

あ、そうだ。ネットショップをやってみたいけれど、いまいち踏み込めないという人は、家にある不用品をオークションで出品してみるというのがいいかもしれませんね。

オークションは、様々な人が見ていますから、こんなのが売れるのかっていうものまで落札されたりしているようです。

家にある着ていない服とかブランド物でちゃんとした証明書があるバッグとか、CDとかDVD、本、家具などなど…じつにたくさんの商品たちが落札されています。

どういったものが売れているのか。その状況を、実際に自分で販売してみて感じることができるオークションというシステムは、すばらしいものなんじゃないでしょうか。
「イヤ!そんな、我慢ガマンの生活はごめんだ!節約ばっかりの人生なんて、まっぴらだ」とお考えの方は、あらゆる情報を最終的には自らで判断し決断して、人生を変えるんだという意気込みで、まずは、はじめの一歩を進んでみませんか?
参照:http://dog-search.nsf.tc/drop/

といった感じで、ネットショップでコツをつかめば脱サラも夢ではなくなるでしょうね。
JUGEMテーマ:ビジネス

入学式にはスーツなのか?

JUGEMテーマ:家庭

お子さんの入園・入学の時期になると、お子さんが服装ってどうしたらいいのかって聞かれることってあると思います。

とくに、大学の入学で、高校が私服だったりしたら、大学の入学式はスーツのほうがいいのかなっていう疑問がでてくるでしょうね。

ほとんどの大学は、入学式はスーツで行くのが当たり前となっているようです。黒っぽいスーツですね。こういう状態になったのはいつのことからなんでしょうか。

というより、入学式のような場には、スーツで行くというのが、しきたりのようになっていますね。

大学の入学式でスーツを購入しておけば、まあ後々役立つでしょう。就職活動なんかでは、スーツが絶対必要となるでしょうし。

目立つのが嫌な人は、まあスーツで行っておいたほうが無難でしょうね。おそらく、大半の人がスーツだろうし。

就職活動だったら、必ずスーツって決まってますが、入学式や試験会場に制服で行くのかどうかなど、まだ社会経験のない学生は、けっこう迷われると思います。

大人になってから思うと、別にどっちでもいいっていう感じなんですが、子供はけっこう悩んだりします。お金がないというのもあるし、親がスーツじゃなくてもいいっていってたら、スーツを自分で買わないといけなくなりますよね。

とすると、高校生のころからバイトをしたりしてお金がある人はいいけれど、そうじゃない人は、迷ってしまうわけです。お年玉から出すのか、親に、どうしてもスーツ買ってほしいっていうのか。

バイトにがんばりすぎるのもなんですが、週に2〜3回程度なら、社会経験をつむということで、はやめにどこかで働いておくといいんじゃないでしょうか。

謝恩会では、ママ友達同士で行うことになると思うので、レディースプランのあるレストランなどでできれば安くあがりますよね。
参照:入学準備 謝恩会

とあるように、親もいろいろとたいへんなようです。



ラブレが便秘にいいらしい

乳酸菌飲料「ラブレ」に便秘改善作用 カゴメが実証
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2009062309743h1

「カゴメは23日、乳酸菌飲料「ラブレ」に、慢性的な便秘に悩む高齢者に対して排便を促す効果を確認したと発表した。」

なかなかハッキリと効果があると確認したと明言していますね。けっこうめずらしいんじゃないでしょうか。

ラブレという乳酸菌と使った飲み物、高齢者の方々が飲用しているそうです。きっと老人施設などでラブレが、たまに出たりしているのかもしれません。

高齢者は、便秘で、直接取り出したりしないとつまってしまうという人もいます。ご飯を食べないといけないわけで、たとえ流動食であっても、やはり便はできるのだろうから、高齢者にとって排便は重要です。

高齢施設では、よくセンナ茶というのがだされます。このお茶だと、たしかに排便はできるのかもしれませんが、センナ茶はどちらかというと下剤的なところがあるようです。整腸薬というよりは、下剤という面が大きいようです。なので、あんまり使いすぎると、高齢者の排便力が落ちてしまうということになると思います。

それよりは、整腸的なことをしてくれるほうが、高齢者の本来の排便力を高めてくれることが期待できるのではないでしょうか。

乳酸菌が、そんなとき役立つというわけですね。
どれも一定に効果を期待できる便秘の解消法でしょう。でも、気をつけないなって思うのは、たとえばある食品が便秘にいいからといって、食生活のバランスが崩れるほど、その食品ばっかりを大量に食べてしまうということ
便秘の解消法より

とあるとおり、ラブレがいいからといって、毎日大量に飲むのはやめておいたほうがよさそうです。テレビでダイエットにはこれがいいとなると、翌日のスーパーでその食品が売り切れたりしますが、そういった現象と似ているところがあるといえるでしょう。
JUGEMテーマ:健康



健康器具を買えばOKというわけではない

JUGEMテーマ:健康
  お金をかけずにシェイプアップできる8つのコツ
 http://www.lifehacker.jp/2009/06/090623_8.html

健康器具を使えばシェイプアップできるというわけではなく、その健康器具を使って運動をしないとシェイプアップできないわけです。

シンプルに運動しないと体の引き締めはできないわけで、健康器具さえ買えばシェイプアップ終了となってしまわないようにしたいもんですね。

「健康グッズの購入は意外に無駄遣いにつながっているもの。そこで、お金をかけずにシェイプアップできるコツのご紹介です。

この記事では、健康器具など使用せずに日常でできるトレーニングというか簡単なシェイプアップ法が紹介されています。この「日常でできる」というところが大事ですね。

こういう習慣にしたいことって、わざわざ時間をとってノルマどおりにやろうとすると、たいてい3日坊主で終わりです。そうなるよりは、なにかのついでに運動するようにすれば、長続きして、結局は効果がでてくるということになるのだと思います。

まずはできることをするって大切ですよね。変化を起こすのなら、継続できる方法でトライしていくほうが、なにかといいことがあると思います。

よし毎日腕立て100回するぞ!なんて、今まで運動らしきことをしたことがない人が、いきなりそんな激しい運動を続けようとしても、ほとんど続かないんじゃないでしょうか。それよりは、一日空いた時間やなにかのついでに腕立てを10回ぐらいしとくか…ぐらいでいいということですね。まったく運動しないよりは、ずっとましなわけです。

こういうのを習慣術といって、いかに自分がしたいこと続けたいことを習慣としていくかという術を身につけることは大切です。習慣によって、その人の将来が決まっていくといっても過言ではないと思います。

それだけ、毎日なにをしているかっていうことは、私たちの人生におおきなウェイトをしめているものです。


自己管理は苦手だ…でも、時間はなくてもお金ならある。70分ぐらいなら時間をとれる。お金でスマートな身体を手に入れる試みならやってみたいとお考えの方は、思い切ってメンズエステで専門的なメタボ対策を検討してみませんか?
東京都新宿区 元気館より

とあるとおり、運動以外にもお金があるならエステという方法もありますね。お腹を引き締めるシェイプアップと同様の効果を狙うなら。

育休切りにあい相談して撤回されたとのこと

JUGEMテーマ:ニュース
 
育休切り:相談が増加 15日から無料電話相談
毎日JP 2009年6月7日

 「長引く不況の影響で今後も「育休切り」に関する相談が増加するとみて、同室は15日から無料相談電話窓口を設ける。」

不況下だと、どうしてもこういったことが起きてしまいますね。いくら法律で育休を理由に解雇してはいけない、妊娠や産休を理由に解雇してはいけないとなっていても、人員削減の対象となってしまいやすいわけです。

経営者のドライな感覚からすると、長期間休まれるなら、だれか他の人を雇いたいとなってしまいます。でも経営者となると、人格というか社会的なことも考えないといけないという側面もあるわけで、育休切りにあうと、他の従業員たちも、うちの会社は手段を選ばずに、いざというときは解雇されるんだと、信頼を失いかねない事態になるのではないでしょうか。

そうはいっても、経営が厳しいとそうもいかなくなって、なんとかリストラしたいとなるのでしょうね。経営の悪化をくいとめる手段として削減という手段がとられ、もっとも手っ取り早いのが人員削減で給料を減らすことなのでしょうから。

法律を整備しても、経営が苦しくなると育休を理由にしないで、他になにかもっともらしい理由をつけて解雇通知を送るという手段がでてきているようです。

法律には、そんなに効力がなくて、経営者の良心に頼るしかないのが現状なのでしょうか。

ただ、この記事では労働局雇用均等室が「妊娠を理由にリストラ対象とするのは均等法違反」と指摘したところ、解雇を撤回したそうです。やはり、泣き寝入りせず、相談してみることなんですね。

育休切りの相談、奈良でもやってないかな。

相互リンク募集中メールフォーム
links
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
ブログペット
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM